2018年05月30日

街宣活動〜5月〜

5月29日(火)に「なんでも労働相談ダイヤル電話1(プッシュホン)」街宣活動を行いました。

街宣途中、5月に『日本遺産』に認定された広川町の
【広村堤防】に寄りました。

DSCF3897edited.jpg


 広村堤防は、「安政の津波」の時に稲むらに火をつけて住民の高台避難を促した浜口梧陵が築きました。

濱口五陵.png   DSCF3904edited.jpg



  DSCF3902edited.jpg

 堤防の高さは約5メートル、長さは約600メートルです。




DSCF3908edited.jpg

子どもたちの憩いの場にもなっています。


   DSCF3918edited.jpg   DSCF3917edited.jpg

堤防に近い広川町役場前には、「稲村の火」のモニュメントがあります。



街宣ユニオン.png
なんでも労働相談ダイヤル.png



posted by 管理者 at 11:39| 日記

2018年05月29日

おれんじ通信bQ2

22号.png




22-2.png




posted by 管理者 at 10:02| 日記

2018年05月23日

要請行動

連合から要請のあった「倫理的な消費者行動」の促進に向けた要請と、「学校における働き方改革」に関する要請を、
5月21,22,23日に地協エリア内の11市町に行いました。


★「倫理的な消費者行動」の促進に向けた要請は、消費者の行き過ぎた行為(クレーム・迷惑行為)により接客業務従事者が心身に深い傷を負う場合や、過重労働の原因ともなっています。


思いやりの心.png

連合は「消費者行動に関する実態調査」を2017年11月に行い、接客業従事者の半数が行き過ぎた行為を受けたことがあると回答しました。

対策として、マニュアルの作成や従業員教育が必要ですが、消費者への「倫理的な消費者行動」の啓発が必要であるとの意見も多くありました。

20180523143047-0001.jpg


これを受けて連合では、国、県、市町村行政へ要請活動を行っています。
有田・御坊日高地協では、エリア内の全市町へ広報誌での啓発や住民研修などの要請行動を行いました。


消費者.png





★「学校における働き方改革」に関する要請は、教職員の長時間労働を是正することは、教職員の命を守るために差し迫った課題であり、教育の質の確保にもつながります。

教員.png


有田・御坊日高地協ではエリア内の全市町の教育委員会に要請を行いました。

学校における.png


教育現場では、教員の勤務時間の縮減と、先生という聖職の板挟みになりながら、クラブ活動を地域の指導員に任せるなど、少しでも労働時間の縮減をはかろうという努力が見えました。


無題.png





posted by 管理者 at 13:25| 日記